人気ブログランキング |

バイクや日ごろのことを書きます


by ktm_oyaji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

明日はどっちだ・・・・?

皆さんそれぞれ来期の目標を立てていらっしゃる・・

で自分は



TBI=仕事の都合で数年間は無理(あ~この前参加しておいて良かった・・・)

モンゴル=清水の舞台が見えないので無理。
  (バートおじさんのように数十年の夢として取っておこうか・・・もうやってない?)

北4=去年はケッコウお金かけたからな~ どうしよう・・・ 都合は付きそう・・・

で、決定ではないけどちょっと妄想してみました。

参加車両=

 アドベ君ではなく、セロー君ではどうかという考え。 

 利点は軽いので千歳のSSでのタイムの落ちが少ない。

 欠点はハイスピードダートの北海道でセロー君でチトキツイかも?

 アドベ君とセロー君。どっちは林道早いんだろう?

 比べた事が無い(一緒に走れんので)

 馬力は当然アドベ君のが良い。 でも取り回しはセロー君

 登り坂では断然アドベ君が有利。 

 怒涛の直線でもアドベ君。

 でも、カーブでの立ち上がりのアクセルを開けるタイミングではセロー君の早めに開ける事が出来る。

 どれだけ、コンパクトにカーブを回り、スピードを殺さないように走れるかが鍵のように思えます。

 アドベ君の3分の1のパワーを上手く路面に伝えなくては・・・・

 で、秘策ではないけどパンパンで覚えた半クラッチ。

 パンパン娘はクソ馬力が有るけどパワーバンドを外すとトタンに失速する。

 セロー君はパワーカーブが緩いのでピークを外しても走って行くけど、当然高回転の方がパワーで出ている。

 パワーの失速を補う為にセロー君でも半クラの技が有効になるかと思う今日この頃。

 パンパンはチョイとクラッチを当てるとトタンにパワーを回復して怒涛の加速に入る。

 セロー君のアンダーパワーをこの技で補えないか?

 
 でも、やはり的確にバイクを操作してラインに乗せる事が大前提。

 苦手の右カーブもチョッと扉が開けて来たのでセロー君にも勝算があるかも・・・

 なので、渋いワイヤーオペレーションのクラッチを油圧に変えるか・・(無駄使いモード)

 今までの自分の出した結果がパワーに頼ったなのを検証してみたい気もする今日この頃です。


  

 
by ktm_oyaji | 2007-12-11 04:57 | バイクのこと