バイクや日ごろのことを書きます


by ktm_oyaji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

乗り方も変わるモノで

2年前のコマツテストコースで行われたときの写真をいただきました。

今と乗り方が変わっている





a0047491_4442055.jpg


写真はでっかいオーバルから急坂へのアプローチ手前だと思われます。

微妙にリヤがスライドしてプチっとカウンターが当たっている気配。

ま、それは置いといて今と何が違うかと言うとハンドルの位置が大きく違う。

この頃は意識的にハンドルを寝かした位置で乗っていた。

手前でハンドルをコネコネしている感覚が自分としては合っていると思っていた。

他のお仲間の方にも自分のバイクに乗ってもらったときに

「ハンドル近いねぇ~」と言われていた。

で、今はハンドルと立てるポジションに落ち着いている。

なんでかぁ~と言うと

池町さんのライディングdvdやらウイリーさんや石井さんの本などで見るハンドルの握り方についてのレクチャーから変化してきた。

「ハンドルは外からドアノブを掴むように持つ」

そうすると自然に肘が開く。

そのポジションを作ろうと思うとハンドルの高い方が良い

実際その事を意識して乗ってみると、カーブなどで体の動きの自由度が増しフロントの回し込みが楽になった。

ビックタンクなどのライダーの写真を見ても肘を開いたポジションで乗っている。

とどめはパンパン娘はこのポジションでないと押さえが利かない事に気づいた。

それからはアドベ君もセロー君もパンパン娘も全てハンドルを立てて乗っている。

そうすると自然とスタンディングの操作性もよくなった。

シッティングでリヤのスライドさせるより、スタンディングでスライドさせた方が断然コントロールしやすい事に気づいた。 

なので、今はハンドルは立てて乗ってます。

気づくの遅すぎ。


それが約1年前の話。



正直言って私は他人のやっている事には興味が無い。

バイクに乗っているから有名選手の事を知っているかと言うとゼンゼン知らなかった。

人の走りを見るより自分で見つける事が良いと思っていた(今もそうかも知れないけど)

文科系クラブだったから・・・・

でも、近頃ちょっと考えが変わった。

人の走りを見て、自分と照らし合わせて考えるようになった。

自分の走っている姿を雑誌の写真のカットと頭の中で照らし合わせて乗るようになった。

多少はライディングについて云々考えれるところまで入れたのかも知れない。

やれっこナイのに知る必要は無いと思っていたから。

でも、自分がやっていないスポーツに関しては未だにそう。

やってもないのに云々言えた立場じゃナイと思っているから、興味も沸かない。

ジャイアンツがいるリーグがセントラルリーグって知ったのも2年前ぐらいだもんね。
[PR]
by ktm_oyaji | 2008-01-12 05:13 | バイクのこと