人気ブログランキング |

バイクや日ごろのことを書きます


by ktm_oyaji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やりまスた

やりまスた_a0047491_1134593.jpg


と、いう訳で部品交換しました。

って、イキナリ削りから入りまぁ~す♪

スコーツユーザー必見?


「コレさえ読めば、スコーツに勝てる」 by 旧帝国陸軍より





リンクアームは、プーラーを買った(作れば作れるが、意欲が無かった)のでアッサリと外せる。
(写真無し)


で、問題がリンクアームがずれないようにするピン。

かなり、タイトにはめ込んであるので、叩いても抜ける気配なし。

新品同士なら入れ出しもマニュアル通り出来そうだけど、それなり使っていると、ピン事態も変形しているので抜くにはかなりハードルが高そう。

どうせ部品としては使わないので削って取る事にしました。




で、

やりまスた_a0047491_11422855.jpg


こんな感じ。 チクっとピンまで削ってしまったけど、ハメる方向を注意すればム問題

で、このピン。 今回は再利用したけど、出来れば交換した方がイイすyo

ヤッパリ変形してるので、再度ハメル時に苦労しました。 結局旋盤でチョッと削りました。


で、トルクスを外して、上フタを取るとこんな感じ

やりまスた_a0047491_11462139.jpg


ピンに繋がったフィンがオイルを移動させる事でダンピングをかけます。

オイルの色は黒いけど、モトも黒いのでそんなに痛んでは無いような・・・(推測ネ)

で、フタ面

やりまスた_a0047491_11482838.jpg


フィンで圧縮されたオイルはベースバルブとハイスピードバルブを通る時の抵抗でダンピングさせている。

ヨコに並んだ穴は動作角を制御する穴かな。

チナミにオイルはブレーキオイルのようにシャビシャビです。



で、各部品を洗浄して組み付けてから新品のオイルを注入。

で、先に指摘してくださったように、オイルのエア抜きは結構大変。

左右に一杯にフッタ時に「グジョグジョ」って空気をかき回す感覚があるときはまだエアをカンでいる。

で、なんか好い方法ないかと考えたら、


やりまスた_a0047491_11545584.jpg


っと、浮かびました。

それは。

やりまスた_a0047491_11561474.jpg


漬ける (写真はぬか漬)


付属のオイルは、必要量以上あるので、適当な容器にオイルを入れて、その中にオイル給油穴が外に出ないように漬けます。

やりまスた_a0047491_11583437.jpg


こんな感じで、アームを左右に動かすと各穴から空気が「ゴボ・ゴボ」って出てきます。

しばらくやるとオイルが流れるだけになるので、空気が入らないようにネジで蓋します。



で、完成ヽ(`▽´)/

やりまスた_a0047491_120372.jpg


チナミに

やりまスた_a0047491_121637.jpg


写真に写っている部品を注文して、送料込み$181.70 でした。
by ktm_oyaji | 2009-08-21 12:03 | OYAJI製作所